【妊娠成功症例】漢方薬を服用して、妊娠されました(42才)

42才、結婚して4年なかなか赤ちゃんが授からないので、漢方薬で身体作りをしたいと、京都から電話相談。7ヵ月服用して、AIH(人工受精)で見事妊娠!
【妊娠成功症例】漢方薬を服用して、妊娠されました(42才) 妊活・不妊

42才、Bさん 京都市在住 165cm 52㎏ 自営業

〈症状〉

38才で結婚 月経周期28日 期間5

月経質:粘調、粘塊 月経量少ない

便秘、肩こり、首こり、胃もたれ

20216/2D3

FSH 8.4

LH 5.0                                   

TSH 0.67

E₂ 97.9

  精子は運動率を検査していない

〈経過〉

R3.10/6:漢方薬+栄養素

ご主人はサンゴカルシウムのみ服用

R4.5/9AIH(人工受精)

R4.6/14:陽性反応あり

〈コメント〉

Bさんは京都市在住の方で、インターネットの検索から当店へ電話相談を希望された方です。

38才の時に結婚され、4年間赤ちゃんが授からないので漢方薬で身体作りをしたいとのことでした。

さっそく、お身体のことをお聞きする質問書をお送りし、それに記していただき、ホルモンの検査結果や基礎体温のコピーを送り返していただきました。

それから、日時を予約してもらい、電話相談になります。

〈漢方薬として〉

1.子宮の血流をよくする

2.卵子の質を高める

3.黄体機能(着床力)を高める

4.自律神経をととのえる

脳下垂体から卵巣に向けて、FSH(卵子を作りなさい)LH(排卵しなさい)というホルモンが出ています。睡眠不足、疲れ、ストレスなどがあれば、FSH、LHの分泌が不安定になります。不安定になると、卵子を作ったり、排卵が遅くなったりします。

Bさんに14の働きをよくする漢方薬を調合し、身体作りをしていただきました。7カ月服用後、人工受精を受けて、見事妊娠に成功することができました。

toshimori