38歳、AMH0.45体外受精の採卵を3回するも受精せず、移植ができない。子宮内膜症でチョコレートのう腫あり、精子の前進率も低い。夫婦ともに身体作りをして、自然妊娠に成功!(2020.12.8)

38歳、AMH0.45体外受精の採卵を3回するも受精せず、移植ができない。子宮内膜症でチョコレートのう腫あり、精子の前進率も低い。夫婦ともに身体作りをして、自然妊娠に成功!(2020.12.8) 妊活・不妊

38歳 Eさん 156cm 48kg 主婦

<症状>
35歳で結婚
①2019年11月 
1回目採卵 2個取れた→受精しない
 
②2020年3月
2回目採卵 3個取れた→1個胚盤胞凍結(3BC)→移植して残念
 
③2020年4月
3回目採卵 1個取れた→受精しない
 
 

子宮内膜あり、左卵巣チョコレートのう腫

卵子の膜が薄い

AMH0.45↓(0.7ng/ml   45歳以上)

 

月経周期2427

月経期間35

疲れ易く、冷え症、頭痛、肩凝り、神経質、不眠症

今までに 人工授精4回、体外受精採卵3

<経過>
R2年4/21:女性 漢方薬+栄養素
     男性 漢方薬+栄養素


11/24:自然妊娠! 5週目胎のう確認

<コメント>
Eさんは、今までに体外受精の採卵を3回受けられましたが、2回受精しない、1回は移植したが残念で良い結果が出ていませんでした。
体質的にも子宮内膜症・チョコレートのう腫があり、卵子の膜も薄いと言われていました。
AMHも0.45と低く、ご主人の精子の前進率も低いのでご夫婦で身体作りをしたいとご相談にご来店。

子宮内膜症やチョコレートのう腫があるということは、漢方的に見て瘀血(血流が悪い)があり。瘀血を取って血流を良くし、卵子の膜を丈夫にし(精血を増やす)、着床力を上げる(補気)漢方薬を処方しました。
また、ご主人には精子の前進率を上げる漢方薬を処方。
一緒に栄養素も飲んでいただきました。
ご主人の精子は、4ヶ月後には見事に前進率・正常率が上がり、服用して7ヶ月後には自然妊娠しましたとの嬉しい報告をいただきました。

現在も、安胎の漢方薬と栄養素を飲んでいただいており、出産までしっかりサポートさせていただきます。

 

 

 

toshimori