妊娠するための身体づくりから

トシモリ薬局

人工授精や体外受精は、精子の運動率が低い方や卵管が閉塞していたり、癒着がある方には有効な方法です。しかし、人工授精や体外受精をした場合、しっかりした身体づくりをしていないと、着床しなかったり、流産してしまったりする可能性が高くなります。身体の機能(卵巣機能・黄体機能)が低いままで、人工授精・体外受精を受けても妊娠には結びつきません。

これは、たとえるならば畑を耕さず、肥料もまかずにたた種を植えることに似ています。何事も「準備」ということがなければ、成功する確率は低くなってしまいます。

漢方は、妊娠するための「身体づくり」を進めます。漢方によって着床力を高め、良い卵を作れるような身体にすることができれば、人工授精や体外受精を行ってうまくいく可能性が数段に高くなります。

福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談

漢方を飲んで妊娠に成功!〜お客様からの悦びの声〜

I さん 34歳からの悦びの声

image

歳森先生、こんにちは。ご無沙汰しています。息子は9ヶ月になり、つたい歩きも上達しました。元気一杯わんぱくに育ってくれています。育児で忙しいけれど充実した毎日です。「生まれてきてくれてありがとう」と毎日自然にこの言葉が出てきます。あの時諦めなくてよかった。歳森先生に出会えてよかった。漢方に出会えてよかった。本当にそう思います。

不妊治療は「終わりの見えないトンネルのよう」と例えられますが、私にとっても真っ暗闇でかすかな光も見えず、どこに向かっているのかもわからない不安でとても辛いものでした。歳森先生の薬局を訪ねたのは本格的な不妊治療をはじめて2年半の時でした。人工授精9回、体外受精4回(採卵のみ4回で一度も移植できず)してもうまくいかず、心も身体もボロボロの状態でした。いろいろな誘発法で採卵しても移植に至らず、AMHも低い状態に、治療に取り組む気力、さらには授かるという希望すら無くしかけていました。「藁にもすがる」そんな気持ちでした。

一通り治療歴と基礎体温を見てくださったあと、「きっと大丈夫!諦めずに頑張りましょう」と言われました。 一通り治療歴と基礎体温を見てくださったあと、「きっと大丈夫!諦めずに頑張りましょう」と言われました。通院していた病院では期待するような言葉は言わないという方針だったのかわかりませんが、こんな風に前向きな言葉を言われた事がなかったので正直驚きました。けれど歳森先生の自信に満ちた力強いこの言葉と穏やかで優しいまなざしに癒され、緊張していたのもありますが、一気に大きな安心感に包まれていつのまにか涙が出てしまいました。

「私にはまだ希望があるんだ!まだ頑張れるんだ!先生も漢方も、そして自分自身も信じて前に進もう」と強く思いました。この時の出会い、先生の言葉、自分自身の気持ちの変化がトンネルにさした光だったのだと思います。

歳森先生からの提案は治療をお休みし(体外へのトライや誘発剤を使わないという意味。病院にいかないという意味ではありません)漢方と栄養素を使い、日々の食事や生活習慣を見直し、根本的な身体作りをし妊娠しやすい基盤を作ろうというものでした。今まで毎周期休みなく治療し続け、AMHも低い私にとっては、周期周期が大事で一度たりとも無駄にしたくないと思っていたので、休むことに戸惑いがありました。けれど「3、4ヶ月で必ず身体は変化するから」の先生の言葉を信じることにしました。2週間に一度の相談では、毎回先生とのお喋りに癒され、くよくよした時には明るく心に真っ直ぐ入ってくる『大丈夫よ!』の先生の言葉に何度も励まされました。歳森先生との相談を重ねるうちに、少しずつ自分の体への意識が変化し、今までのように病院の提案通りに治療するべきではないなと考えるようになりました。もちろん病院からはきちんろ薬や治療の説明はありましたが、勉強不足だった為、薬や治療のメリットやデメリット、自分の体なのに体への負担などをあまり考えていなかったからです。今後はきちんと理解し、こちらからも提案できるように勉強し納得した方針を相談して決めようと思うようになりました。

漢方・栄養素をはじめて3、4ヶ月経つと体調に嬉しい変化がありました。全体的に低くガタガタしていた基礎体温が平均値が少しづつ上がり、高温期の日数も長くなっていました。理想的な形とはいかないまでも低温期と高温期がきちんとわかれるようになっていました。『良い卵子が排卵されはじめた証拠よ』と先生に言って頂き嬉しさと共に次の体外への挑戦にも意欲が出ました。良い卵子のできる身体作りが出来かけているのだから、焦らずに私にあう治療を探そうと考えはじめ、他の病院の意見や方針を聞いてみようと思うようになり、いくつかの病院へ説明会や初診に行くことにしました。治療を休むというだけで戸惑いがあった自分が、その頃には焦りや不安よりも「より自分にあった治療の為に」という意識に変化していました。不思議です。そして、卵子の質に着目し治療している病院があり、遠距離の通院になるけれど、こちらで体外に挑戦しようと翌々月から転院することに決めました。他の病院に意見を求めた事は、治療の選択肢が増え、通院していた病院の良さにも改めて気付け、そして自分の納得できる治療方針の病院にもであえ、私にはいい事づくめでした。そして転院しようと決めた月になり、生理がはじまったら通院の予定でしたが、なんと自然妊娠していました。

「あれだけうまくいかなかったこの私が?移植すら出来なかったのに?しかも自然妊娠!?」と大きな大きな驚きでした。それからゆっくりともっと大きな喜びになりました。初めての妊娠で不安がなかったわけではありませんが、流産予防やつわり軽減の漢方を処方して頂き、先生から「大丈夫。信じてワクワク楽しみに過ごしなさい」とアドバイスされ、妊娠中も身体と心の両方をしっかりサポートして頂きました。おかげでつわりも軽くすみ、体調もよく順調で、明るく楽しい気持ちで出産に備えることができました。

妊娠した事で、自分自身の「身体」が何よりも基盤であり大切なことを身をもって学ぶことが出来ました。そして身体作りに漢方や栄養素が効果的であること、食事や生活習慣の大切さにも気付くことが出来ました。今は以前の私はなぜ自分の身体に目を向けていなかったんだろう…と思うほどです。今家族に息子が加わり、三人でいられるのはこれらの重要性を教えて下さり、私にあった漢方や栄養素を処方し、精神的にもサポートして下さった歳森先生のお陰だと思っています。本当にありがとうございました。身体作り…はきっと妊娠だけではなく、健康でいる為にも大切なものですよね。家族が健康でいる為にも、食事や生活習慣にはこれからも気をつけていこうと思います。息子を元気一杯に育てます!歳森先生、たくさんの学びをありがとうございました。

今、辛く苦しい時間を過ごしている方・・どうか諦めないで。赤ちゃんを望むご夫婦のもとに幸せが訪れますように。

福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談

薬剤師・歳森三千代より

トシモリ薬局

Iさんは32歳の時に初めて来局されました。4年前に結婚され、いままで不妊専門のクリニックで人工授精9回、体外受精の採卵を4回行われていました。この体外受精4回のうち4回とも分割が進まないので移植ができず、まったく困りはてての来局でした。AMHという卵巣年齢も40~45才の数値でした。高温期も低かったです。

 これが42歳ならまだ分割できないのはわかりますが、32歳で分割できないのです。本当に苦しかったことと思います。さっそくIさんの卵巣機能を高めて卵子の質を上げ、着床力もつける漢方薬を処方しました。一緒に身体作りをする栄養素も飲んでいただきました。来局のたびにいろんな事を話していくと、どんどんIさんの表情も明るくなていきました。そして4ヶ月後には低かった高温期が高くなり、6ヵ月後にはみごと自然妊娠をされました。Iさんは漢方と栄養素で身体作りをしてから、体外受精をチャレンジしようと思われていたようです。それが自然妊娠して、びっくりされ喜びでいっぱいの顔で報告をいただきました。妊娠中も流産、早産予防の漢方と栄養素を飲んでいただき、平成24年5月に元気な男の子を出産されました。

▼経過
4年前に結婚。
2009年2月より不妊クリニックに通院。高温期低い。疲れやすく冷え症。
月経周期29~30日、期間3日、月経量少ない。
今までに人工授精9回、体外受精4回(4回とも分割が進まないので移植できない)。
AMH9.4pm(40~45才)、FSH9.4、LH6.7
平成23年3月、初めて来店。漢方+栄養素を始める。
7月7日 高温期良好(FSH6.3、LH4.6)
9月6日 自然妊娠
平成24年5月 男の子出産!

その他の悦びの声はこちら

福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談