福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談

▼過去の実績

2014年〜2015年の11年間で885人が妊娠!

過去の実績について詳しくはこちら

ごあいさつ

命のバトンタッチのお手伝いができますように…

トシモリ薬局 いろいろな身体の状態、年齢の方たちが妊娠、出産され我が子を自らの手に抱く喜びを味わっていらっしゃいます。年齢層も上がり、今は福神トシモリ薬局で妊娠される方の2.5 人に1人は40歳以上の方になりました。
40歳を過ぎますと、お医者さんに行っても冷ややかな反応で対応されてしまうのが現状のようです。また、30歳代でも何回も体外受精(母体外で授精が行われること)にチャレンジして、授からなくて悩んでおられる方もたくさんいらっしゃいます。
そんな方たちに、「漢方と栄養素と生活改善で身体づくりをすれば妊娠することができる!」ということをお伝えしたい、そして、自分の手に我が子を抱ける喜び、母となる喜び、その感動を味わって頂くお手伝いがしたいと思っています。不妊でお悩みの方の光明となれますことを願っています。

福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談

妊娠を成功させる5つのポイント

1. 不妊・子宝の専門家に相談していますか?

トシモリ薬局 病院やクリニック、薬局など、不妊や子宝に関して相談ができる場所は数多くあります。中には、先輩のママや知り合いに相談している方もいらっしゃるかもしれません。しかし現実的には、不妊・子宝の専門家というのは、数多くいるわけではありません。実際には不妊以外の病気治療が得意な病院や、不妊の相談「も」できる薬局は少なくありません。不妊・子宝の相談をする際には、不妊・子宝の相談に特化している専門家を選ぶようにしましょう。

2. その人の身体の状態に合った治療法や薬を選んでもらえますか?

トシモリ薬局 不妊と一口に言っても、その理由は人によって千差万別です。理由や原因が違うわけですから、当然治療方法や飲むべき薬も変わってきます。まずは、今の身体がどのような状態なのかを判断し、それを踏まえて、どのようにしたら効果的に妊娠できるようになるのかということをアドバイスしてもらうことが非常に大切です。

3. 一時的な対症療法にならず、根本的な解決を目指していますか?

トシモリ薬局 たとえば、生理不順であって不妊で悩んでいる場合、多くの病院・クリニックでは、まず生理を毎月きちんと来させるために、ホルモン剤や排卵誘発剤を使用します。飲めば毎月生理は来るかもしれませんが、卵巣機能が正常になって月経をおこしているわけではないので、質の良い卵子ができるとは限りません。漢方で卵巣機能を高め、自力で生理が来るようになれば、 質の良い卵子ができると思います。不妊の改善には、しっかりとした身体作りを行い、「妊娠できる身体」にすることが重要です。

4. 健康な母体作りをしようとしていますか?

トシモリ薬局 通常の不妊治療の場合、ホルモン剤や排卵誘発剤などを使って、生理をコントロールしていきます。しかし、ホルモン剤や排卵誘発剤を飲んでも卵巣機能は低いままなので、質の良い卵子を作ることができません。そうではなく、まずは漢方で身体作りを行い、卵巣自体の機能を高めていくことにより、質の良い卵子ができ、妊娠しやすい状態になります。まず、質の 良い卵子ができないと、いくら人工授精、体外受精を行っても、妊娠に成功することは難しいです。

5. 実際に成功している人の体験談がたくさんありますか?

トシモリ薬局 「妊娠に成功した人がたくさんいます」など、実際に妊娠した人が多くいるように打ち出している病院や薬局は数多くあります。「たくさんいる」と書かれているだけではなく、実際に妊娠した人が書かれた体験談や症例があることを確認しましょう。

福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談

お客様からの悦びの声

44歳 Lさんからの悦びの声

image

ご無沙汰しております。お陰様で子どもは元気に成長しております。

不妊治療専門のクリニックに通い、妊娠反応が陽性で喜んだのも束の間、初期に流産ということが続き、年齢も気になり始めた頃、歳森薬局を知りました。

漢方を飲みながらの通院を続けましたが、またしても初期に流産。計4回流産した後、大学病院で調べてもらった不育症の一つ抗リン脂質抗体症候群と判明、次回妊娠がわかったらすぐ流産予防の注射を開始ということになりました。『これでもう流産しなくて済む』と思ったのですが、次の2回の妊娠は注射をしたにもかかわらず流産。子宮内容除去手術(掻爬手術)の時、染色体検査をしてもらったところ、胎児に染色体異常があったため注射も効かなかったとのことでした。まさか自分が6回も流産するとは思っていませんでした。どれだけ涙を流したことか。その後も漢方と体外受精を続け、肺移植には至るものの子宮内膜が厚くならず、なかなか着床しませんでした。医師から「子宮内膜が薄いのは何度も掻爬手術をしたせいかもしれない」と言われ、「無責任なことをした結果、望まない妊娠をして中絶したわけではないのに…」とまたまた泣けてきました。しかし「卵巣年齢は実年齢より若いだろう」という医師の言葉や、歳森先生の励ましを支えに(歳森先生には毎回元気を頂いていました)不妊治療を続けました。

6度目の流産からほぼ4年後、久々に妊娠反応陽性。流産予防の注射と漢方で無事出産までこぎ着け、高齢出産ながら元気な赤ちゃんを授かりました。漢方を始める時考えたことは、不妊治療をしていても子どもができなかった場合、漢方を飲んでいなかったら「もし漢方を飲んでいたら子どもができたかもしれないのに」という悔いが一生残るかもしれないということでした。それよりは、出来るだけのことをしておこうと思いました。子どもを望んでいる方々が子どもを授かりますようにと願っております。
歳森先生、どうもお世話になりました。ありがとうございました。

その他の悦びの症例はこちら

福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談

悦びの症例

46歳でみごと妊娠に成功! (Nさん)

トシモリ薬局

46歳のNさんは14年前に結婚。160cm・52kg。月経周期28~30日、月経期間5日間。疲れ易く、冷え性、神経質。43歳から体外受精を始め、今までに4回受けるが、妊娠しない。ご主人の精子の運動率7.4%、前進率3.7%とともに低い。平成24年10月5日に私の著書を読まれてご相談に来局。さっそくNさんの身体の状態にあった漢方薬と栄養素を飲んでいただく。ご主人も精子の前進率を良くする漢方薬を服用。

平成25年に入り、2月・6月・7月と体外受精を受けるが妊娠しない。11月30日に採卵して良い卵子が取れ、12月3日に移植。12月20日には胎のうが確認でき、H26年1月7日には心拍も確認できました。私の症例で最高年齢での妊娠です。高齢のため、流産率も高いので、ひき続き黄体機能を安定させる流産予防の漢方薬、栄養素を飲んで出産までバックアップしていきます。出産予定はH26年8月23日で47歳での出産になります。

その他の悦びの症例はこちら

福神トシモリ薬局へのお問い合わせ・相談のご予約 086-222-3414 平日・土曜:9:00〜19:00 タップすると電話がかかります

ご相談の流れ
メールでのご相談

▼アクセスマップ

google map

〒700-0861 岡山県岡山市北区清輝橋2-2-10

詳しいアクセスマップはこちら