ホーム > 生理痛・生理不順の方へ

生理痛・生理不順に関するお悩みは「漢方」で解決!


病院に行くのと、何が違うの?

トシモリ薬局 イメージ生理不順の場合は病院・クリニックではホルモン剤を飲んで強制的に生理が来るようにします。

しかしその場合は、ホルモン剤を飲むのを止めたらまた生理が来なくなることが多いです。

それは、ホルモン剤を飲むことが対症療法のため、卵巣機能自体が正常にはなっていないからです。

漢方を飲むと、卵巣の機能を高めることができるので、自然と生理が来るようにすることができるのです。

長期的に見ると、漢方の方がより効果的な可能性があるのです。

「病院にも行ったけどなかなか治らない…」という方はお気軽にご相談ください。


漢方はどのように選べばいいの?

トシモリ薬局 漢方 写真生理不順の場合、原因は人それぞれです。

漢方を選択するためには、その原因を突き止めなければならないため、まずは専門家にご相談されることをお勧めいたします。

たとえば、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方は、月経周期が長くなります。

また、高プロラクチン血症の場合は生理が来にくくなります。

このように、「生理不順」と言っても、原因は様々ですので、まずはご相談ください。

福神トシモリ薬局には、専門の女性薬剤師がおりますので、安心してご相談いただけます。

専門の薬剤師のご紹介はこちらご相談までの流れはこちら


なぜ漢方?痛み止めではダメなの?

トシモリ薬局 写真生理痛の場合、病院・クリニックでは、痛み止めを処方される場合がほとんどです。

痛み止めを飲めば、一時的に痛みは治まりますが、根本的な解決にはなっていません。

生理痛の原因としては、冷え、ストレス、子宮内膜症、子宮筋腫など色々あります。

それぞれの症状にあった漢方薬を飲むことで、生理痛の原因を解決することができます。

このように、「生理痛」と言っても、原因は様々ですので、まずはご相談ください。

福神トシモリ薬局には、専門の女性薬剤師がおりますので、安心してご相談いただけます。

専門の薬剤師のご紹介はこちら


生理痛・生理不順を改善して妊娠

トシモリ薬局 写真生理痛・生理不順の原因はさまざまです。
生理痛の原因としては、子宮筋腫、子宮内膜症を持っている方に多く、生理不順の原因としては、プロラクチン値が高い、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、ストレスによるホルモンバランスの乱れなどが考えられます。それぞれの状態に応じた漢方薬を飲むことが必要です。

また、生理痛・生理不順を改善することは不妊の改善にも繋がります。いま妊娠することを考えていらっしゃらなくても、生理痛・生理不順でお悩みの方は、今から改善しておくのが良いでしょう。

漢方やサプリメントの併用で、生理痛・生理不順の改善と同時に、将来妊娠する時に備えた身体づくりが行えます。一度、専門の薬剤師にご相談ください。

妊娠できた!悦びの声はこちら病院・クリニック


お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ二人目不妊でお悩みの方へ生理痛・生理不順の方へ更年期障害でお困りの方へお客様からの悦びの声悦びの症例ご相談に来られた方のご感想男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員おくすりやさんのダイエット