ホーム > 悦びの症例

悦びの症例

●東京都40歳女性(平成29年8月)

40才、第1子、第2子ともに漢方薬による身体作りで妊娠―

東京在住のDさん、40才。

157cm  52kg 会社員(フルタイム)

H20年、31才で結婚。H22年、23年に流産。まず35才の時に身体作りをして第1子を授かりたいと、ご相談を受けました。

<症状>

抗リン脂質抗体(+)、黄体ホルモンの値低い(黄体機能不全)

月経周期2728日、疲れ易く、冷え症、神経質

<経過>

①第1子を希望され(35才)

H2410/5より漢方薬・マナマリン。ご主人もマナマリンを一緒に服用

        ↓

2412/4 自然妊娠

        ↓

H257/26 男の子出産

②第2子を希望され(37才)

2610/1より漢方薬・マナマリン。ご主人は複方霊黄参丸を服用

        ↓

H272/20 自然妊娠 → 流産

        ↓

漢方薬・マナマリン・カルシウムを加える

        ↓

H295/27 自然妊娠

        ↓

    7/26  12週に入り順調に成育中

Dさんは第1子はわずか2カ月で妊娠されましたが、第2子の妊娠には2年半ほどかかってしまいました。第1子の出産・育児に母体は相当疲れます。また授乳中は普段の2~3倍

の栄養素が必要なため、身体が栄養不足の状態になっています。

そのために身体作りに時間がかかるのです。あきらめずにがんばりましょう!

20041月~20177月までに985人 妊娠!

 



お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ生理痛・生理不順の方へお客様からの悦びの声悦びの症例男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員