ホーム > スマイル新聞 > 2016年1月号

スマイル新聞

◆2017年11月号

漢方薬はじわじわ効くの?!
いいえ効果が早い漢方薬もありますよ!! 
  
「漢方薬って、身体におだやかにゆっくり効いていくんですよね?だから、効果が出るのって時間がかかるんですよね?」とよく言われますが、即効性の漢方薬もけっこうあるんですよ!


すべての漢方薬が、ゆっくり効くのではありません。

特に、動物を原料に使った生薬(動物生薬)の中で高貴薬(こうきやく)と呼ばれる生薬を使った漢方薬は即効性があり、 効果も実感しやすいんですよ!


僕が大好きな漢方薬の中に「霊黄参(れいおうさん)」という漢方薬があります。

この漢方薬の主成分の牛黄(ごおう)という生薬は徳川家康や水戸黄門も飲んでいたと言われています。

即効性があり、疲れた時はとっても元気になるので、栄養ドリンクやエナジードリンクを飲むより全然良いですよ♫

また仕事や旅行で遠方へお出かけの時や夜寝るのが遅くなった時、宴会や会食でお酒を飲む機会が多い方には、特にオススメです。

僕はお酒があまり強くないので、霊黄参とサメミロンという深海ザメの肝油を飲んでから、飲み会の時はお酒を飲みます。

次の日にお酒が残らず、楽しく飲めて最高ですよ。

また、「脳活精(のうかっせい)」という漢方薬は興奮しすぎた脳の働きをすばやく鎮静してくれます。

例えば、寝る前にスマホやパソコンをいじっていると交感神経が優位になるので、興奮してなかなか眠れなくなります。

そんな時は脳活精を飲むと、ぐっすり眠れます。

他には、仕事やストレス、考え事などで頭がパンパンの時も、飲むといい感じに鎮静してくれて落ち着き、楽になります。

脳の働きを良くして、集中力をつける働きもあるので、受験シーズンや資格試験の時期にも良いです。

今回ご紹介した2つの漢方薬は頓服で飲んで、かなり早く効果が分かります。

他にも、「麝香(じゃこう)」や「鹿茸(ろくじょう)」といった優れた効果の動物生薬を使った漢方薬もあります。上手に取り入れると、自然な方法で快適に過ごせますよ♫
 

*~こせがれのひとりごと~*
----------------------------------------

ここ一年くらい中国古典にはまっていて、「論語」と「易経」を少しずつ読んでいます。

歴史や中国古典には、先人の知恵がたくさん詰め込まれていて、現代を生きていく上で参考にしたいことがとても多いです。

その中国古典の論語の中に有名な「温故知新(おんこちしん)」という言葉が出て来ます。

意味は、昔のことや知識を調べたり考えたりして、そこから新たな知識や見解、道理を導くこととされています。

過去の歴史や古典には真理が書かれているので、勉強することで現代がどんな時代で、どこに向かっているのかを知ることが出来ます。

他には、「前事(ぜんじ)忘れざるは、後事(こうじ)の師(戦後策・趙策)」という言葉もあり、以前に起こったことを記憶にとどめておけば、後に起こることの参考にすることが出来る、と書かれています。

つまり、先人の残してくれた教訓をしっかり学んでおけば、少なくとも同じ失敗を少なくすることが出来るという意味です。

歴史と中国古典から、先の見えない時代と言われる現代を生き抜くための本物の知性を学ぶことが出来ると思います。


お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ生理痛・生理不順の方へお客様からの悦びの声悦びの症例男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員