ホーム > 楽心コラム

楽心コラム

◆「人間の頂」(生きる意味を求めて)野口法蔵著を読んで!

私は6月に野口法蔵さん主催の座禅断食を3日間体験しました。
そしてその時にこの本を買い、大変感動したのです。

野口法蔵さんは1959年石川県に生まれ、
1982年カメラマンをしていた新聞社を退社。
インドに渡り、1983年チベットのラダックにて得度、
1986年インド国立タゴール大学に滞在。
ダライ・ラマより寺名「禅処院」を寄与される。
1987年帰国、現在は長野県松本に在住。

座禅断食の時にもしきりに言われていた言葉は、

『チベットには「体の問題を解決する時には心を動かし、
心の問題を解決する時には体を動かせ」という意味のことわざがあります』

つまり、病気など肉体の問題を抱えた時は心を変える努力をし、
迷いや悩みのような精神の難問を抱えた時には、頭で考えるのではなく
体を使いなさいということです。

そして『自分のことは自分の体にきくのが一番いい!』と言われます。
戦後の日本人は頭でっかちになって、体にきいたり、体で覚えたり、
体で考えることをしなくなった。体は自然の一部です。一番身近な
自然である体から学ぼうとしなくなったと言われています。
では、自分の体に目を向けて、体にきくにはどうしたらいいかを
この本が紹介しています。


*以下はこの本の中で特に感動した文章を一部紹介します

『迷って迷って、迷いぬいて、心を突き詰めたときに仏が宿る』
それを超えると、慈悲の仏が宿る。最後に憤怒の仏が宿る。
二つの仏の心があって、初めて無我の仏陀が身に宿る。

『仏陀になるには10の修行がいる』
そのうち9つは慈悲だ。慈悲を修した後、憤怒をもって戒めをしき
初めて仏陀になる。
観音像は優しい顔をしているが、その背後には厳しい顔が隠されている。
厳しさなしにいくら慈悲を施しても、それは決して真の慈悲の姿ではない。
今の日本人は、観音様にやさしさばかりを求めている気がする。

『心を鬼にしなければ、子どもはきちんと育たない』
子どもの教育についていえば、与えすぎ、甘やかせすぎだと思う。
それは決して子どもの成長にも幸福にもつながらない。
依頼心ばかり発達して、自立の心を失ってしまうからです。
「九つの慈悲に一つの憤怒」
もう慈悲のほうはたっぷり施しているのですから、後は心を鬼にして
観音様の法則で子どもをきたえなければならないということです。

『世の中には立派な人とそうでない人がいますが、立派な人がいつも
同じれレベルの立派な態度で人生を送っているとは限りません』
人の心は弱いもので、仏が宿った尊者でもいつしか小さくなる。
だから人間、生涯修行が必要なのです。

『いくら学問を積んでも「悟る」まではいけないということです』
いくら学問を究めても、悟りの境地までいけない。
だが体得を求めて体を使えば、どんな凡夫にも仏は宿る。
私が経験したのがそれだったと思います。

『人間はそう都合よく、自分の好きなことができない場合が多いものです』
でも、決してあきらめてはいけない。目前の選択肢の中から打算や見栄を
廃して、「好きなこと」「楽しそうなこと」を選んでいけばいい。
そして一度選んだ限りは一定のレベルに達するまで、どんなことが
あっても決して逃げないこと。
これも大切なこと。
それからもう一つ大切なことは、トライする精神です。
自分の壁をぶち破るには「何でもやってみる」の精神が大切です。
食わず嫌いが一番いけない。
人間の体というのは頭で想像する以上にはるかな大きな可能性を
秘めています。それを引っ張り出すには何よりまずやってみること。
それなしには自分の可能性の追求もできないと思います。

『修行というのは、宗教的真実をズバリ体で理解するということに
他ならない』
頭で「わかった」ではなく、体に覚えさせるということなのです。
体で覚えたものは生涯忘れない。修行がどれも過酷なのは
過酷であること自体に意味があるのではなく、頭で考えるのを
やめさせ、ある高みに達した人間だけが味わえる共通体験を
得るためのものです。

『目先のことを判断したり、考えたりするときは頭で間に合うので
それを使えばいい』
でも根本的な事柄や重大な決断をするときは、体の細胞に聞くほうが
正しい。答えを出してくれる。

『自分を楽にする知恵を身につけなさい』
「法華安楽行品」というお経に、「楽を得るには率先してつらいことを
やりなさい」と書いています。
実はここにすごい秘密がある。やってみなくては決して味わえない大きな喜びが
隠されている。

その他いろいろすばらしいことが書かれています。


お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ生理痛・生理不順の方へお客様からの悦びの声悦びの症例男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員