ホーム > 楽心コラム

楽心コラム

◆「天使に会える本」リーナ・アサヒ著を読んで

去年の10月、会津若松の知り合いの方から、この本が送られて
きました。手にとってみて、なんてすごい題名だんだろうと思いました。

リーナ・アサヒ(朝日里奈)さんは日本人で、父親の仕事の事業で
10代後半まで海外生活。
1993年、米国にて不思議な日本人に出会う。
彼との交流を契機に“天使たち”と出会う。何度も天使たちに出会い、
色んなことを教えてもらう。
「あなたの人生は、あなたの手の中にある」
という言葉を教えていただく。
本質的な生き方の中心は「日々心を磨く」ということです。

では、どうやって磨くのかということが具体的に紹介されています。
この本を私は一晩でいっきに読んでしまいました。
とにかく感動し、私が今まで心の勉強をしてきた内容が全てここに
書いてあったのです。
この時以来、この本を私はいつもカバンの中に入れて持ち歩いて
います。いつも手元に置いておきたい本なのです。
この本の内容を一部ご紹介します。ぜひこの本を買って読んでみてください。


『==天使が教えてくれた心の磨き方==』

1)すべての問題は心のゴミが原因
自分の心を正しく清く保つということ。
本来、人は愛と調和の中で幸福に暮らすために生まれてくるのです。
愛によって生まれ、愛の中で生き、愛を残していくことこそ
人生の最大の目的なのです。
現在の自分自身を見つめ、知ることができない人は悟ることが
できないでしょう。

調和を保つためにはどうしたらいいでしょうか。
何よりも「中道」という姿勢を強調しています。
「中道」というのはお釈迦様が説かれた“心のあり方”です。
一瞬一瞬の感情に影響されず、他者との間に調和を作り出す心です。
自分だけが清廉潔白というだけではだめで、社会に対しても他者に
対しても調和をもたらすように働きかけることが重要なのです。

社会での人間関係のトラブル、学校でのいじめ、家庭崩壊、
これらはお互いの心に思いやりの気持があれば、起こることはないはず
なのです。


2)正しく生きるとは
「あることはAさんにとっては都合がよく、もう一つはBさんにとって都合が
いい。そういう場合はどちらが正しいのか」
について言えば、
二人が調和することが「正しさ」になるのです。
AさんもBさんも共に強調し合える関係をつくることが、真実の「正しさ」
なのです。
真実の正しさを受け入れる心が相手にまだない場合には調和を基準に
生きることの大切さを知っているあなたが心を広くし、相手の心の変化を
待つことです。、
また、社会そのものが間違っているときは、心の中の自分の基準を
本当の幸福は得られません。
社会に合わせることだけが正しさではない。
「正しさ」とは絶対的な基準なのです。

絶対的ということは何事においても対立しないということをさします。
ですから、結果的に調和をもたらしたかどうか、それがこの「正しさ」の
根拠となるものなのです。


3)自分の中にずべての原因がある
「我」ができて「我」を主張することがゴミになっていったのです。
相手の言うことを曲がって聞くか、正しく聞くかは「業」とか
「習慣」によって生まれてくるのです。

ですから、相手の言うことが正しく聞けないというのは
自分自身がしっかりしていないということになります。
人のせいにする前に、まず、自分を見つめることが大切です。
決して自分を棚に上げてはいけません。

ゴミを取るには自分を見直す。または「反省」することから
はじめなければなりません。


お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ生理痛・生理不順の方へお客様からの悦びの声悦びの症例男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員