ホーム > 楽心コラム

楽心コラム

◆健康新聞平成24年10月号より

〔幣立神宮に正式参拝! 他に天岩戸神社・高千穂神社〕
          
9月16日・17日と熊本県の阿蘇のふもとに鎮座されている
幣立神宮に行ってきました。この神社は1万5000年の歴史を持つ、
世界の中でも最も古い神社です。

しかしその存在は日本人でさえずっと知らされておらず、隠れ宮として
ある宮司の代々の家族によってひっそり守られてきました。
不思議なことに、世界的な霊能者や伝統的儀式を
受け継いでいる民族のリーダーたち、
ネイティブアメリカン、
アボリジニ、アイヌ、ケルト、エスキモーなど
もちろん日本人もですが、神性や霊性を重んじ、
自然と調和していたネイティブな民族の方たちも
たびたび、この幣立神宮での祭典に参加していたそうです。
この祭典は五色神祭といわれ、
はるか太古から行われている世界でも唯一の祭典です。
幣立神宮は神代といわれる時代に
天照大神様が天の岩戸より御還幸になり、
天孫ニニギノミコト様の御降臨をご依頼になったところです。
五色人(赤・白・黄・黒・青)は人です。
人が神様となって高天原の神様と一体になるのが五色神祭です。
神に祈り、お互いに交流をして、
お互いの情報を持って自分の国に帰って、
国の発展に尽くすというのが
五色神祭の役割です。幣立神宮では、その祭りを続けています。
16日はちょうど台風が九州めがけて上陸してくる日になり、
雨がよく降る中を合計27名で参拝させていただきました。
玉串を27名がささげた後に、春木宮司からのお話を聞かせてくださり、
このお話がすばらしかったのでご紹介します。


「今、世の中はいままでのものをぶっこわせとか、
維新とか言っていますが、壊した時に 出るエネルギーで
一瞬喜びを、蜜の味と感じるからです。
しかし、本当にぶっこわしてしまうと、またそれを秩序あるものに
創り替えていくことはとてもむずかしいです。
例えば東北地方は地震で何もなくなってしました。
これを立て直すことは
本当に困難な仕事になります。
日本には大昔から伝統と文化があり、
さまざまな仕事はそれぞれの人達が地道に技を磨き、
神業と言えるものまで高めてきました。
この伝統と文化をぶっこわすとか維新とか言うことは
本当にとんでもないことなのです。
それをみなさん良~く考えて下さい。
壊す時に出る蜜の味に惑わされずに。
伝統と神業を大切にしていきましょう!
また、天孫降臨されたニニギノミコト様は日本国民が
食べ物に困らないようにと、
稲を全国各地に配られました。
天皇陛下は毎年この稲を皇居の中で苗から育て、
秋には稲かりをして、出来たお米を神様にささげお祈りをされています。
私たち日本国民が食べ物に困らないようにと毎日祈られています。
また皇后陛下は蚕を育て、まゆを作りこのまゆから絹糸をつむいで、
布を作られます。
私達国民が食べ物や着る物に困らないようにと、祈られているのです。
ヨーロッパでは国王と民は王様と臣下(家来)の関係ですが、
日本の天皇は私達国民が食べ物や着る物に困らないようにと、
私達のために日々祈ってくださっている存在です。
このような天皇・皇后様であることを理解して下さい。
他の国にはありません。」

日本の伝統、文化、神業、そして天皇制の意味を
考えさせられるお参りでした。
また、この神社には太古から八大龍王の鎮まる東御手洗があります。
「神代の昔、ニニギノミコト様は東御手洗のご神水で
全国の主要地を浄められました。
この水(高天原の御神水)を現国の水(自分のところにある水)に加えて
神にお供えし、いろいろな調理に使いなさい。」
このような記録がはるか千年以上前の公文書として存在しています。

つまり、この現地の水は自分のところにある水に加えると天つ水と
一緒になるわけです。
その水でお酒を作ったり、おもちを作ったり
お料理をしたりすればよいのです。
さっそく、この水をペットボトルに入れて持って帰りました。

幣立神宮の社殿の前と東御手洗の龍神様の前で写真を撮りましたが、
2ヵ所ともたまゆらがたくさん写っていて、さすがエネルギースポット
(パワースポット)と感じました。

16日の夜は宮崎県の高千穂に泊まり、
夜神楽(岩戸神楽)を見物しました。
高千穂地方に伝承されている神楽は、
天照大神が天の岩戸に隠れた折に
岩戸の前でアメノウズメミコトが
調子面白く舞ったのが始まりとされており、
永い間この神楽を伝承しています。
町の人たちによって伝えられています。

この夜神楽が終わった後、外に出てみると、
夜空にくっきりと
龍の形の雲が長い体をくねらせて出ているのです。
龍神様の雲だと思い、初めて見ることが
できて、とても感動しました。翌日は雨も止み、
天岩戸神社と高千穂神社にお参りし、
古代の日本の歴史に触れるすばらしい旅となりました。

コラム写真

コラム写真

コラム写真

コラム写真

コラム写真

コラム写真







お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ生理痛・生理不順の方へお客様からの悦びの声悦びの症例男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員