ホーム > 楽心コラム

楽心コラム

◆健康新聞平成30年2月号より


〔食物センイが腸の免疫力の鍵だった!〕

―「鉄壁の免疫力」は腸で生み出されていた―

114日放送のNHKスペシャル「人体」は、免疫の働きが〝腸〟にあることを分かり易く教えてもらいました。今回はこの記事を紹介させていただきます。

腸は、食べ物だけでなく、それと一緒に病原菌やウィルスなどが常に入り込んでくる危険性がある場合。

腸には病原菌やウィルスなどの外敵を攻撃してくれる「免疫細胞」が大集結しています。
その数なんと体内の免疫細胞のおよそ7割!


それほど大量の免疫細胞が外敵の侵入に備えているのです。
免疫細胞たちは、腸で守りを固めるだけでなく、血液に乗って全身にも運ばれ、体の各所で病原菌やウィルスなどの敵を見つけると攻撃する〝戦士〟となります。

=免疫細胞が「暴走」し自己免疫疾患を起こしている=

さまざまな「アレルギー」や免疫細胞が自分の細胞を攻撃してしまう「自己免疫疾患」は、最新の研究によって、免疫の暴走が本来攻撃する必要のないものまで攻撃してしまう異常は、「腸内細菌の異常」が生じていることが明らかになってきました。

 =クロストリジウム菌の意外な役割=

今回番組で取材したイギリス在住の22才の女性アスリートは、4年前に突然命にかかわるほどの重症のアレルギーを発症し、深刻なショック症状を繰り返して幾度も生死の境をさまよってきました。

彼女の便は検査したところ、ある特定の種類の腸内細菌が健康な人と比べて明らかに少なくなっていることがわかりました。

一方、日本でいま急増している「多発性硬化症」という病気。

免疫細胞が暴走して脳の細胞を攻撃してしまうという難病で、手足のしびれから始まり、症状が進むと歩行困難や失明などの恐れもあります。

この病気の患者さんの便を調べるとやはり、ある特定の腸内細菌が少なくなっていることが突き止められました。

人間の腸内にいる腸内細菌はおよそ1000種類。

その中で、今回取材した重症のアレルギーと多発性硬化症。

異なる
2つの病気に共通して減少していた腸内細菌がありました。それが「クロストリジウム菌」という腸内細菌の仲間です。

クロストリジウム菌は、私たちの腸内の「食物センイ」をエサとして食べ、増えていきます。

毎日、しっかり食物センイを食べて免疫力を高めましょう!




お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ生理痛・生理不順の方へお客様からの悦びの声悦びの症例男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員