ホーム > 楽心コラム

楽心コラム

◆健康新聞平成26年12月号より

〔平成27年(乙末:金運不及)の世情と養生法〕

その年によって暖冬や冷夏、猛暑など自然は絶えず変化しています。
古代の人々は、自然のサイクルを何千年もかけて観察し、一つの法則を
見出しました。その自然(宇宙)の法則(陰陽五行)と養生法のつながりを
まとめたものが“運気”

〔気象状況〕水(雨や雪・ヒョウ・津波)による自然災害は
今年も続くので充分な注意と備えが必要です。
3月下旬までは竜巻や突風が発生しやすく、5月下旬までは
陽気が強く、雨も多くなるでしょう。
この時期、流行性の熱病がはやる可能性があります。
7月下旬までは急激に暑くなりますが、時に冷たい
雨やゲリラ豪雨が降るでしょう。9月下旬までは日中は
むし暑く、朝夕は気温が下がり、時にヒョウが降ることも。
今年の冬の到来は早くて寒さも厳しく、ところによって
大雪や霜、凍結が甚だしくなるでしょう。

〔社会情勢〕
『陰陽の反転』現象が加速します。“陰”は女性、感性豊かに新たなるものを
作り出す象徴。“陽”は男性、今あるものを応用発展させる能力の象徴。
陰が先にあっての陽であり、そのため“陰陽”の順になっているのに、
人間社会だけが、“陽陰”という逆の仕組みになっていたのが、
ようやく元の“陰陽”の仕組みに戻りはじめます。
今までの男性中心の競争や対立が主体のピラミット型縦割り社会から、
女性中心の皆が平等で輪(和)になって調和する社会へと変わっていきます。
また“建前(陽)”と“本音(陰)が逆転する時代でもあり、
今まで隠されていた「本音(真実)」がさまざまな分野で浮き彫りになってくるでしょう。

 
〔健康面〕
今年は肺の働きが弱まりやすく、肺に関連する気管支や鼻・皮膚・大腸に
トラブルが生じやすくなります。気管支炎や肺炎、ぜんそく、かぜ、インフルエンザ、
アレルギー性鼻炎やちくのう症、アトピー性皮膚炎やじんましんに湿疹、痔や
潰瘍性大腸炎などの病気や症状が例年よりも悪化しやすくなる。

〔今年の養生法〕今年のキーワードは肺と胃。弱った肺を元気にするのが胃。
◎肺を元気にする味が辛味。食材としてはダイコン・ネギ・玉ねぎ・ショウガ・シソ・ニンニク
などをしっかり食べましょう。トウガラシやわさび、サンショウなどはほどほどに。
◎冷たい飲み物、食べ物は、肺と胃の両者の働きを低下させるのでひかえましょう。
◎スイーツ、お菓子、ジュースなど白砂糖が使われているものは身体を極度に冷やします。


お問い合わせ・相談のご予約は
HOME不妊・妊娠・子宝相談福神トシモリ薬局の強みごあいさつ妊娠成功5つのポイント漢方を使うことのメリット40歳以上の不妊相談AMH(抗ミュラー管ホルモン)病院・クリニックを受診された方へ人工授精・体外受精をお考えの方へ生理痛・生理不順の方へお客様からの悦びの声悦びの症例男性不妊についてなかなか妊娠できない方へ福神トシモリ薬局について福神トシモリ薬局のご紹介ご相談の流れ店舗案内・地図健康&漢方相談スマイル新聞楽心コラム会社概要サイトマップお問い合わせお問い合わせ・ご予約
福神トシモリ薬局
岡山県岡山市清輝橋2-2-10
(市電終点・南西角)
FAX:(086)223-5529生理痛・生理不順の方へ楽心コラムスマイル新聞私の子宝相談スマートフォンの皆様へQRコード2015全国実力薬局100選 「子宝部門」受賞2015全国実力薬局100選 「漢方・相談薬局部門」受賞
・日本体質改善研究会会員
・全国皮膚病薬研究会会員
・NPO 法人日本不妊
 カウンセリング学会会員
・日本肥満カウンセリング
 協会会員